院長BLOG

2016年11月16日 水曜日

整形外科なども病院で処方される湿布について

先日当整骨院ブログでも書いたシップについて書こうと思います
今回このことについて書こうと思った理由ですが
昨日ある医療ジャーナリストがある記事を書いていたためです

先月26日自民党の小泉進次郎さんを中心に若手議員が
2020年以降の社会保障改革のあり方について提言をまとめたそうです
その際、整形外科などの病院で
肩こり・腰痛で処方される湿布について意見が出ました
それは湿布(他にはうがい薬)を保険適用外にしようということです

みなさん湿布で年間いくらの医療費が使われているか知っていますか?
厚労省にデータが載っていますが年間約1300億円です
ちなみにやたらに増えていると言われる
僕ら接骨院・整骨院業界全体の医療費が5400億円なので
どれだけ湿布だけで医療費が使われているかわかると思います

さらに別のデータを見ると全体の約70%が70代以上で使われています
このデータからわかることは
高齢者の症状には根本治療ではなく対処療法が多いということです

当接骨院の患者さんも"整形外科ではなにもやってくれない"
などの話をよく聞います

先日の腰痛対応のブログではないですが
患者さんの改善のために全力を尽くしていきたいと思います



このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 まつなが接骨院

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30